務める 例文。 「務める」の意味とは?勤める・努めるとの違いや敬語表現も解説

「務める」の用例・例文集

例文 務める

👏 本題である「務める」の意味は、「役割や任務、職務などを引き受けたことに対して力を出すこと」を表しています。

8

「務める」と「勤める」の違いとは?意味を詳しく解釈

例文 務める

😎 自分の価値観や判断基準に合う会社は複数あって当然ですし、面接で「この動機なら他社でもいいよね?」と質問する企業があっても、「確かにそうかもしれません」と答えた学生に「なんだと!」と怒りをあらわにする企業は少ないと思います。

6

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

例文 務める

😛 じつは「勉める」は「努める」の 常用外漢字なんです。 目的の達成に向けて力を尽くして働く、それが「努める」です。 「務」は「矛(ほこ)で打ちかかる」を表す部分と「ちから強い腕」を表す部分から成る漢字で、「はげむ」「はたらく」などの意味合いを持ちます。

10

「誠心誠意」の意味と使い方・例文6コ・類語・誠意との違い

例文 務める

🚀 特に仕事に限らず、広くいろいろなことに対して使います。 ただし、企業や組織には定年や任期があります。 会社でやる仕事のほとんどにチームワークが必要とされる今、集団の中で生かせる能力・習慣・性格を盛り込むのは一つの手です。

6

「務める」の用例・例文集

例文 務める

😗 構成員の魅力…社風、経営者、社員など• つまり、「務める」は「職務をまっとうする」ということだと覚えておいてください。 「邁進する」(読み方:まいしんする)という言葉を考えてみても、分かりやすくなります。 「ゆめゆめ考えもしなかった」と言えば「ちっとも考えなかった」、「ゆめゆめ忘れるな」は「決して忘れるな」の意味です。

20

努めるの意味と使い方!勤める・務める・勉めるとはどう使い分けるの?

例文 務める

🤙 「勤める」の使い方 「勤める」は、 「組織や団体に雇用されてその仕事に従事すること」として使われます。 「決まった言い回しのもの」に関しては、覚えるしかありません。 例文2:「誠心誠意励みます」 「真面目に努力します」という意味です。

5