アグリード なる せ。 アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[後編]

『アグリードなるせのバウムクーヘン』by めろす : ノビコ バウム工房 (NOBICO バウム工房)

せ アグリード なる

⚛ そうした経験差を補うのもスマート農業の利点のひとつです。

19

PROJECT.02 輸出に対応できる「超低コスト米」生産体制の実証

せ アグリード なる

👌 八丸由紀子(はちまる ゆきこ) 青森県出身。

12

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[後編]

せ アグリード なる

🤭 県内すべての大規模土地利用型経営体でスマート農業技術を導入! 宮城県における農業復興のパイオニアとして地域を牽引してきた農業法人アグリードなるせは、スマート農業実証プロジェクトの実証農場として採択されました。

1

『アグリードなるせのバウムクーヘン』by めろす : ノビコ バウム工房 (NOBICO バウム工房)

せ アグリード なる

💢 この広大な農地を耕作する背景には、壊滅的な被害を受けた2011年3月11日に発生した東日本大震災が大きく関係していると、代表取締役社長の安部俊郎さんは話します。 津波によって、稲作の敵である塩分を含んだ海水が田んぼに浸水したほか、ヘドロとがれきで一杯になったその光景は、絶望的とすら思えました。

5

輸B01 (有)アグリードなるせ(宮城県東松島市)

せ アグリード なる

😅 本事業に先駆けてクボタのスマートアグリシステム『KSASクラウドサービス』を2016年度に県の補助事業で導入した同社は、栽培計画や生産状況をデータ化し、スタッフ全員が共有することで農地に出向かなくても、その日の作業内容をオフィスで確認できることを実証。

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[後編]

せ アグリード なる

☢ 数々の困難を乗り越えてきたアグリードなるせは、スマート農業による効率化を実証すると共に、新しい農業経営のスタイル確立に向け、地域農業の発展に尽力を注いでいます。 震災の翌月から津波を被った田んぼの復旧を開始。 また、円滑にコミュニケーションが取れるようになり、作業が効率的に行えるようになってきています。

アグリードなるせ(安部俊郎社長・佐々木和彦常務)× 美馬森Japan(八丸健・由紀子) 農と馬で農村コミュニティの再生に挑む[前編]

せ アグリード なる

☭ 地域を守っていくために、農家・非農家に関わらず、すべての人々が参画できる母体ですね。

【NOW IS復興インタビュー】アグリードなるせ 安部俊郎さん(第1回)

せ アグリード なる

🤜 代表取締役社長に就任。 この肥沃な大地を襲った東日本大震災から9年目を迎えた2019年。